住宅ローンを完済して、そのまま住宅を利用して不動産担保ローンで融資を受ける人がいます。

銀行でも最近では不動産担保ローンを普通の金融商品として個人にも提供しています。

銀行で不動産担保ローンを利用する場合は実質年率のチェックを行います。

実質年率とは、元金に利息以外の金融機関の諸経費や保証料、印紙代、消費税など全て掛かる費用を年率で換算するものです。

諸経費も融資を利用するためには掛かるものですので、無視はできません。

不動産担保ローンの金利が安くても、諸経費を考えた実質年率で比較をすることが必要なのです。

不動産担保ローンは不動産を担保にするので、高額の借入が可能ですが、担保となる不動産には、抵当権や根抵当権等の登記をします。

抵当権は返済を完済するまでは抹消することが出来ず、不動産を担保にしてローンを組む際には注意が必要です。