不動産担保ローンを利用すると、諸経費として毎年建物に火災保険を掛けることは普通です。

火災保険を掛けて、火災保険の保険金請求権に質権をつけてという契約を行うのです。

質権というのは、担保として認めるかわりに債務の返済されるまでの間、物品や権利書などを預かるということです。

火災保険の場合には、火災保険証券ということになります。

万が一、火事で建物が消失した場合、保険金を受け取るのは建物を担保にお金を貸している金融機関になるというわけです。

不動産担保ローンである限りは当然の権利で、質権がすでに設定されている場合には、契約内容の変更などが必要になります。

質権を設定すると、火災保険証券は金融機関であずかり、不動産担保ローンが完済されるまで、金融機関が担保として預かることになります。

長期の火災保険になるので、金額もそれなりになります。