不動産を担保にローンを組むというのは、住宅ローンも同じです。

住宅ローンは融資されたお金で利用できるのが、住宅の購入だけですが、不動産担保ローンの場合、融資されたお金をなんに使おうと基本的には自由です。

不動産担保ローンの場合はもともと法人など事業者向けの融資の仕組みで、不動産に限定していないのが普通なのです。

個人で不動産担保ローンを使う場合でも、使途自由ということをメリットとして利用する人もいます。

住宅ローンの一種として利用する場合も増えてきているので、不動産担保ローンにたいする考え方も変わってきているのです。

住宅ローンも不動産担保ローンのひとつですが、自分が住む自宅の購入に限られるのが普通です。

住宅ローンの支払いが完済していれば、今度はその住宅を不動産として担保にしてお金を借りるというのはない話ではないのです。