不動産を担保にしてお金を借りても、毎月の返済はすぐに始まります。

長期ローンが組める有担保型の不動産担保ローンは低金利で人気がありますが、毎月返す金額と返す期間をエクセルの表にして全ての金額をトータルしてみると、とてつもない金額を融資してもらったということが分かるはずです。

慎重に返済計画を立てることは、ローンの場合当然で、融資をしてくれるところがノンバンクであればさらに注意が必要です。

不動産担保ローンなど個人で利用する場合は、不動産が担保であっても保証人や連帯保証人を求められる場合があります。

銀行も最近では不動産担保ローンを金融商品として扱っていますが、団体信用生命保険を利用する方法が一般的です。

これは、不動産担保ローンを借りている人が死亡したり、所定の高度障害になった場合には、ローンの債務が生命保険会社から保険金で弁済される仕組みです。