お金を借りる方法のひとつに、不動産担保ローンというものがあるのをご存知でしょうか。

この不動産担保ローンが使えるのは、不動産を所有している人です。

持っている土地や建物やマンションなどを担保にしてローンを組みます。
参考例・・・不動産担保ローン | 不動産担保融資・不動産担保ローンの明治アセット株式会社

不動産を担保にしてローンを組むということは普通に行われています。

バブル崩壊でイメージはあまりよくありませんが、それほど不動産は担保として価値があるからです、不動産が下がると担保評価となる融資上限額は低めに設定されます。

2000万円で取引されている不動産に対して、80パーセントの評価であれば融資上限額は1600万円になりますが、70パーセントの評価として1400万円で融資を行うというわけです。

しかし、融資の利用目的がはっきりしているのであれば、金融機関の評価がどうであれ足りていれば構わないのです。

ローンを利用して確実に返済していくということが一番大切なことだからです。

必要以上のお金は借りる必要はなく、「沢山借りておいたほうがいい」という金融機関の担当者の話を聞く必要はないのです。

沢山借りないことがローンの返済の安全率になるのです。